転職するなら「円満退社」できれいに転職しよう

 人間関係や賃金面での不満があっての退職であったとしても「○○さん苦手だから仕事を辞めたい」「給料が安いから辞めたい」というのは、社会人としては退職理由としてあげることはなかなかできないですし、転職をするには、最低1ヶ月前には申請をせねばならず、同じ業種に転職を考えている場合ならなおさら穏便に円満退社をしたいものです。

 

 会社の上司に退職を願う場合、退職の表向きの理由には、あたりさわりのない理由で円満退社をしたいものです。会社によってはそう簡単に退社させてくれない場合もありますが、円満退社した方が良い理由は、上記で書いた通り同じ業界内では噂が回るのが早いので、恩をあだで返すような辞め方をすると転職をしてた場合でも、苦労をするのは目に見えています。そんなことにならないためにも次のことを心がけるようにしましょう。

 

 1・退職したい意思を早めに伝える
小さな会社であればあるほど突然辞められると困ることになりますので、退職する意思を決めたら早く伝えるようにしましょう。

 

 2・自分が手がけた仕事はきちんとやり遂げてから転職する
一度手がけた仕事ですので、なるべくならその仕事が終わってから退職をするようにしましょう。もし無理なら、引継ぎや後任を決めてから退職しましょう。

 

 3・適当に手を抜くことで、周囲に迷惑をかけないようにする
退職するからといって手を抜くことは、社会人としてあるべき行為です。

 

【関連情報】
25歳以上 転職
25歳以上の転職は求人探しが重要!?

 

 4・不満を周囲にいいふらさない
自分は辞めるからといった単純な理由で不満を言いふらすのは、会社にとっても自分にとっても不利益になります。

 

 5・退職前の事務処理は迅速に行うようにする
退職する前には絶対にこなさなければいけない書類なら、手早く済ませておけばおくほど他の仕事も片付けやすくなります。

 

 転職は時として人生を変える一大転機となりますので、なるべく円満退社をするように心がけ、新たな気持ちで転職に望みましょう。



このページの先頭へ戻る