転職者が面接で失敗しないためのポイントとは?

特に、若者の離職率が昨今高くなってきているというデータがあります。
ゆとり世代で我慢ができない若者が増えているとも言われていますが、ゆとり世代が悪いわけではありません。
ゆとり世代を作った大人が悪いんです!

 

 

 

 

とはいっても、仕事を続けていかなければお給料は入らず日々の生活もままなりません。
転職する理由は人それぞれだと思います。
自分が思っていた仕事内容とは違った、ボーナスが極端に少なかった、上司との折り合いが悪い、自分の能力をもっと他で試してみたい、違う職種についてみたい等々。

 

 

 

 

転職する際には、書類審査の後筆記試験や面接などを行います。
ペーパー上の書類審査や筆記試験では好印象でも、人事担当者と対面する面接では普段の自分がついついでてしまい、そこで好印象や悪印象につながっていくこともあります。
では、面接官に好印象を与えるためにはどのようにすればいいのでしょうか。

 

 

 

 

まずは見た目です。
男性も女性も、清潔感のあるスーツを着ていきましょう。
ブランド品や高級なものでなくてもいいんです。汚れがないか確認をして、しわがあったら綺麗にアイロンをかけて面接に臨んでください。
ハンカチもきちんとアイロンをかけておきましょう。

 

 

 

(おすすめ情報)
20代が転職する準備
20代が転職サイトを選ぶ注意点

 

採用情報|企業・CSR情報|小田急電鉄

 

 

そして、必ず面接官が質問するであろう
「前の会社を辞めた理由は何ですか?」
という質問には、決して前の会社の悪口を言わないことです。
本当は嫌気がさして辞めた会社でも、以前の会社を褒めるくらいの事をいいましょう。
例えば、
「上司に非常に褒められて、他の会社でもチャレンジしてみたくなった。
この会社でも切磋琢磨して自分を伸ばすことで会社の利益につなげたい。」
といったようなことです。


このページの先頭へ戻る